アートボディなカラダになる方法②

アートボディ美脚には、正しく膝を伸ばす

アートな美脚になるためのポイント

アートな美脚になるためには、膝を正しく伸ばすことが大切です。

膝関節は、簡単な解剖学のイメージですと、太ももの骨とふくらはぎの骨の2本間にクッション(半月板)がある関節になっています。

この関節の仕組みは皆さん同じなのですが、骨の大きさや半月板の大きさが違います。その周りの靭帯の強さ・柔らかさ、筋肉の強さ・伸び縮み・柔らかさ、人それぞれ違いがあります。

そんな身体の違いを含めながら、膝を伸ばしてストレッチやワークアウトするポイントをお伝えしていきます。


正しい膝の伸ばし方( アートな美脚へ )

間違った膝を伸ばすためのストレッチやトレーニングをしてしまうと脚のバランスが崩れてしまいます。O脚やX脚などの原因にも繋がります。

膝が伸びるためには、関節の噛み合わせが全てです。

太ももとふくらはぎの骨のバランス・噛み合わせです。この太ももとふくらはぎのバランス・噛み合わせが全て大切です。

膝を正しく伸ばして美脚になるためには、足裏・足指の使い方が大切です。O脚やX脚などの美容グッツなども、足裏にパッドなどを入れたりしています。足裏の使い方や癖を正しくワークアウトすることで、アートボディな美脚になれます。

そんなアートボディ美脚になるように、アートボディトレーナーが、アートボディルームで応援させていただきます。


大人の膝は徐々に壊れていくのでケアが大事

人間の身体・関節は、年を重ねることで少しずつ壊れていきます。その中でも膝関節は1番だと医学的に言われています。ひざの痛みで悩んでいる方はたくさんいます。

なぜ?膝関節は壊れやすいのでしょう?

膝関節は、ふくらはぎと太ももの骨と、その間にクッション(半月板)からできている関節です。この半月板はとても大切な役割をしています。歩いたり走ったりしているときの衝撃を上手に逃がして動くことができるように守ってくれています。

骨は骨折しても元に戻ります。筋肉も再生されます。ですが半月板は再生されません。大人になるまでは成長して作られいきますが、その後は身体の負担を守ってくれるのですが、傷めたり・傷ついたり・すり減ったりしても再生されません。

そのために、徐々に傷んだりすり減って、膝関節を守ることができなくなり痛みが出ます。その痛みを今度は軟骨や骨で守ろうとするので、骨の変形が起こり始めます。そうなり始めると、膝を伸ばすことはできなくなっていきます。

大人からアートボディ美脚になるためには、今の膝の状態を知ることが大切です。

半月板が傷んでいたりすり減っている場合や、軟骨・骨の変形などが始まっている場合は、膝を伸ばすことよりも、足裏の使い方を正しく学んでほしいと思います。

間違った使い方、太ももで頑張っている、そのままストレッチやトレーニングをしないでほしいと思います。間違ったり無理をしていると、普段の生活でも膝は少しずつ壊れていきます。

アートボディ美脚になるためには、正しい身体の使い方を学び、あせらないでじっくりと楽しんでレッスンして欲しいと思います。ご相談・お問い合わせは、ご遠慮なくしてください。


予約・お問合せ

営業時間 10時~20時

定休日 木曜日(又は水曜日)

ご都合の良い日時を少し先までお知らせ下さい。


LINE・予約

LINE・予約受付させて頂きます。まずは友達登録をお願い致します。

友だち追加


メール・予約

@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jp @i.softbank.jp の場合、メール設定で imu3bbt@gmail.com が受信設定して下さい。パソコンのメールアドレス Gmail Yahoo Outlook などのフリーメールアドレスは大丈夫です。


    電話予約

    0798-32-0631