Four Little Swan Dance ~ 四羽の白鳥・夙川で踊る ~

夙川 四羽の白鳥 バレエ

Four Little Swan Dance四羽の白鳥・夙川で踊る

今回の作品は、 ~ Four Little Swan Dance ~ 四羽の白鳥・夙川で踊る です。暑い夏を涼しく過ごすために、川・水を写真にしました。すぐそばの夙川には川を渡る石の橋があります。その上を4羽の白鳥が踊りながらわたっていると楽しいな!と思い作品にしてみました。

4羽の白鳥の踊りは、脚も首も角度やタイミングをぴったり合わせて踊りますので、とても集中力とテクニックとバレエの基本が必要です。白鳥の舞台を見るときには楽しみな踊りの一つですね。

まだまだ暑い夏は続きます。少しでも涼しくバレエのレッスンができるようなバレエ作品を創っていきたいと思います。

Maru.Creator.Imura.


『白鳥の湖』(Wikipedia)(はくちょうのみずうみ、 露: Лебединое озеро, 仏: Le Lac des cygnes, 英: Swan Lake)は、ピョートル・チャイコフスキーが作曲したバレエ音楽、およびそれを用いたバレエ作品である。

本作は、チャイコフスキーが初めて発表したバレエ音楽である。1877年にモスクワのボリショイ劇場で初演された際はあまり評価が得られなかったが、チャイコフスキーの没後、振付家のマリウス・プティパとレフ・イワノフが大幅な改訂を行い、1895年にサンクトペテルブルクのマリインスキー劇場で蘇演した。現在上演されている『白鳥の湖』のほとんどは、プティパ=イワノフ版を元としている。

本作は、ドイツを舞台に、悪魔の呪いで白鳥に姿を変えられた王女オデットと、王子ジークフリートとの悲恋を描いた物語である。クラシック・バレエを代表する作品の一つであり、同じくチャイコフスキーが作曲した『眠れる森の美女』『くるみ割り人形』と共に「3大バレエ」とも呼ばれている。