May The Ballet Be Wit ~ バレエ と 共に あらんことを・・・

フォースと共にあらんことを

May The Ballet Be Wit ~ 踊る と 共に あらんことを・・・

今回の作品は、バレエ= May The Ballet Be Wit ~ 踊る と 共に あらんことを・・・ を デザインしてみました。

いつまでも、バレエと共に生きていく。アート・芸術の感性を忘れないで生きていく。

そうありたいですね(^^)/


スター・ウォーズ」(Star Wars)シリーズ(Wikipedia)は、ジョージ・ルーカスが製作した、アメリカのスペースオペラ・メディア・フランチャイズである。1977年に公開された同名の映画に始まり、映画シリーズだけでなく、アニメーション、小説、コミック、ゲームなど複数の媒体で展開される。2020年にはその総価値が700億米ドルと推定されており、歴代メディア・フランチャイズの中で5番目に高い収益を上げている。

後に『エピソード4/新たなる希望』と改題されるオリジナルの作品『スター・ウォーズ』(1977年)を皮切りに、『エピソード5/帝国の逆襲』(1980年)、『エピソード6/ジェダイの帰還』(1983年)の旧三部作が製作された。16年後、 旧三部作の前日譚の『エピソード1 /ファントム・メナス』(1999年)、『エピソード2 /クローンの攻撃』(2002年)、『エピソード3 /シスの復讐』(2005年)の新三部作が製作され、シリーズは一度幕を閉じた。2012年、ルーカスは自分の制作会社をウォルト・ディズニー・カンパニーに売却し、フランチャイズの所有権を放棄した。その後『エピソード7/フォースの覚醒』(2015年)、『エピソード8/最後のジェダイ』(2017年)、『エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』(2019年)の続三部作が製作された。これらの9作品は「スカイウォーカー・サーガ」としてシリーズの柱となっている。

実写スピンオフ映画『ローグ・ワン』(2016年)と『ハン・ソロ』(2018年)を合わせて、映画の合計興行収入は100億米ドル以上に相当し、現在、歴代映画フランチャイズの中で2番目に高い興行収入を記録している。