With drops of Water ~ 雨つぶと踊る ~

雨粒 雨 レンズ 水滴 バレエダンサー

With drops of Water ~ 雨つぶと踊る ~

雨粒(Wikipedia)

落下する雨の水滴を雨粒(あまつぶ)といい、雨滴(うてき)ともいう。雨水が軒などから落ちるのは雨垂れ(あまだれ)、雨だれが落ちて打ち当るところを雨垂落(あまだれおち)という。なお、雨によるものではないが、濃霧の時、森林の中で霧の微小な水滴が枝葉につき、大粒の水滴となって雨のように降り落ちる現象を樹雨(きさめ、きあめ)という。

雨粒の温度は、概ね気温より冷たい傾向にあるが、落下してくる大気の気温や湿度に左右される。地表においては、おおよそ湿球温度に近い温度になると考えられている。

雨粒は太陽光を反射分光し、虹を作ることがある。